喫煙のリスク

喫煙には様々なリスクが伴いますね。 どんな、リスクがあるのでしょうか。
皆さんもまだ知らない喫煙のリスク。などなどご紹介いたします。

喫煙のリスク一覧

スポンサードリンク

慢性受動喫煙の脅威

日本禁煙学会によりますと,日本では受動喫煙による死亡者が年間2万人を超えると推定されています。これは交通事故死の2.5倍に相当する数字です。

喫煙は,喫煙者自身の健康影響の問題ではなく、非喫煙者に対して健康被害を与えるものです。

賠償を命じる判決も出ております。

慢性受動喫煙の脅威、さらに詳しく…

喫煙者の代表的な健康疾患

煙草のリスクは非常に大きいです。一般的に取り上げられている事柄だけでもこれだけあります!
一部、ご紹介しますね。


タールには、10種類以上の発がん性物質が含まれています。
肺癌をはじめ、口腔癌、咽頭癌、喉頭癌、食道癌がその代表的な部分でしょう。
しかしそれだけにとどまりません!胃癌、膀胱癌、女性では子宮頸癌などにかかる危険性をも高めます。

∨性肺疾患
煙草の煙に含まれるホルムアルデヒドやアクロレインなどの刺激性物質は、気道粘膜を刺激します!
その結果、慢性肺疾患にかかりやすくなるのです。

6洪款鼻心筋梗塞
ニコチンは心臓の冠状動脈の硬化を促進させます。
その結果、虚血性心疾患にかかりやすくなります。

ぐ漾十二指腸潰瘍
ニコチンは、血管を収縮させます。それは胃や十二指腸の粘膜に栄養を供給するのを妨げます。
その結果、胃・十二指腸潰瘍にかかりやすくなります。

ざっと取り上げただけでもこれだけの害があります。
こころにとめておきたいですね。

喫煙者の代表的な健康疾患、さらに詳しく…

喫煙が肝臓に及ぼす害

喫煙の主なる害としては、肺におよぼすもの。
でも、実は腎臓にも悪いというデータが続々と集まりつつあるのです。
それは、喫煙が血管の機能を落とすからです。煙草は動脈硬化の強い促進因子。

一日に何箱も煙草を吸っても長生きする人もいます。これらの方々は、おそらく遺伝的に煙草の害に強いのでしょう。
けれども、自分がそうであるかどうかは長生きしてみないとわかりませんね(苦笑)。

特に動脈硬化促進因子を持った人は、よくよく注意してくださいね。

喫煙が肝臓に及ぼす害、さらに詳しく…