禁煙しよう 初級編

禁煙には準備が必要です。思い立ったその日からきっぱりやめるのは難しいですね。
途中で挫折しないためにも、リラックス!こころにゆとりを持ち、禁煙実践に向けて徐々に準備を進めていきましょう!

禁煙しよう 初級編一覧

スポンサードリンク

まずは意識の改革から!

「さあ!今からタバコをやめるぞ!」っと意気込んでいるあなた。
ちょっと待ってください!そんなに力を入れてはいけません。

意気込みだけでたばこをやめられる方もおられるかもしれませんが、ほとんどの方は、ニコチン中毒です(笑)。
そう簡単にたばこをやめることも出来ないでしょう。

たばこをやめると決意してやめられない時の挫折感なんて味わってほしくないですね。

最低でも1〜2週間程度の禁煙準備期間を設けてみるのは効果的です。
そして、ゆっくりと禁煙を始めるにふさわしい頃合を見つけてみてください。
それは、ストレスが一番なくなるであろう頃のことです。

仕事が一段落する頃合とか、自分にとって何か楽しいイベントがあるような時がいいですね。

そうした時期をゆったりとした気分で見計らい、心の準備をゆっくり始めていきましょう!

まずは意識の改革から!、さらに詳しく…

禁断症状はすぐに回避できる!

さて、あなたの禁煙がスタートされました。禁断症状はすぐに出てくるものですが、初級編でこころの準備、禁煙の目的など、自分の意思がはっきり見えていたり、自分の喫煙スタイルを客観的に認識することが出来ているのならば、そうすぐには禁断症状は出ないと思われます。

ただし、思いとは裏腹、あなたの体はニコチン中毒です(汗)。3日以内には禁断症状ピークを迎えるのではないかと思われます。

でもこれも、おおむね1週間、長くても2〜3週間で消失します!

まずは、そのことを意識してくださいね。

禁断症状はすぐに回避できる!、さらに詳しく…

禁煙スタイルの確認を!

長年の喫煙者は、これまでほとんど気にせず喫煙を続けてきたことと思います。
そうです、ただ吸いたいなと思ったときに吸う。ということですね。

でも、よく自分の一日を見直してみると、喫煙にはそれぞれ自分のスタイルがあることに気付きます。

たとえば、目覚めの一服。食後の一服。会議中のイライラに一服。移動中の一服。などなど…。

それぞれ、自分の生活スタイルの中に、喫煙も規則正しく組み込まれていたりします。
それらを、一度メモしてみるのもいいですね。

喫煙行動を記録すると、タバコを意識して吸うようになるので、それだけタバコの本数が減るという意外な効果もあるのですよ。

禁煙スタイルの確認を!、さらに詳しく…

たばこの銘柄を変えてみる

たばこの銘柄を変えてみるのも禁煙第一段階としてよい方法です。
できれば、おいしくないな〜と思える銘柄に。

ニコチンの少ない銘柄に変えるというのもよいとは思われますが、これには注意も必要です。
どうも、吸った感じがしなくて本数が増えたり、過剰に吸い込んだりするようになる可能性も否定できませんから。

また、低タールの煙草は、軽くするために通常よりも多くの化学物質を使用しているとの説もあるようです。この辺には注意をしておきたいですね。

たばこの銘柄を変えてみる、さらに詳しく…