「たばこ」あれこれ情報

「たばこ」あれこれ情報一覧

スポンサードリンク

慢性受動喫煙の脅威

日本禁煙学会によりますと,日本では受動喫煙による死亡者が年間2万人を超えると推定されています。これは交通事故死の2.5倍に相当する数字です。

喫煙は,喫煙者自身の健康影響の問題ではなく、非喫煙者に対して健康被害を与えるものです。

賠償を命じる判決も出ております。

慢性受動喫煙の脅威、さらに詳しく…

Yahoo!ニュース-読売新聞-「喫煙が原因でがん」賠償請求、患者ら敗訴確定

喫煙が原因で肺がんなどの病気になったとして、患者や遺族計6人が、日本たばこ産業(JT)と国を相手どり計6000万円の損害賠償と広告の差し止めなどを求めました。
その訴訟で、最高裁第1小法廷(才口千晴裁判長)は26日、請求棄却の1、2審判決を支持し、上告を退ける決定をし、患者側敗訴が確定ました。

これは、喫煙者が国を相手取った初めての訴訟です。
原告側は「JTがたばこの有害性と依存性についての情報を提供せずに販売し、国はそれを放置した」と主張しましたが、1、2審とも「たばこの依存性は低く、喫煙は自由意思だった」と判断しています。

たばこの依存性の問題に関しては何とも言いがたいですが、喫煙は確かに自由意志です。
喫煙者は自分の意思の元にたばこを吸っているわけですから、たばこの害については十分に知っておく必要があります。

今後、JTがより真剣にたばこの有害性と依存性についての情報を提供していくべきであるとの認識は深まるものであり、それらのことに関する世間の注目も高くなることと思われます。

Yahoo!ニュース-読売新聞-「喫煙が原因でがん」賠償請求、患者ら敗訴確定 、さらに詳しく…